【2021年5月最新】税金をお得に支払う方法【VISA LINEpayクレジットカード】

1人で働く

こんにちは。めいです。

以前、LINEpayの支払い方法をチャージ&ペイに設定し、請求書支払いをすると、国民健康保険や税金がお得に払えるという方法をご紹介しました↓

こちらの支払い方法、LINEpayの請求書支払いに対応している地方自治体では一番お得な支払い方法だったのですが、2021年4月30日でLINEpayのマイランク制度が終了してしまい↓

LINE、マイランク終了・Visa LINE Payクレジットカードは一律2%還元へ - BCN+R
LINE Payが提供するスマートフォン決済サービス「LINE Pay」は、クレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」をLINE Payアカウントに登録し、クレジットカードで支払う「チャージ & ペイ」利用時に限り、「LINEポイントクラブ」のマイランクに応じてLINEポイントで最大3%還元する仕組...

お得ではなくなってしまいました(´・ω・`)
還元率が一律0.5パーセントとなってしまったんですよね(-_-;)

代わって、VISA LINEpayクレジットカードでの税金支払いが一番お得な方法になりました。
そこできょうは、VISA LINEpayクレジットカードでの支払いについて解説していこうと思います( ・`ω・´)

  • VISA LINEpayクレジットカードでどれだけお得になるのか
  • VISA LINEpayクレジットカードで税金を支払う際の注意点

についてご紹介しようと思います(●´ω`●)

VISA LINEpayクレジットカード

VISA LINEpayクレジットカードは、とにかくお得にLINEpayを使うことに特化したクレジットカードと言えると思います(*´ω`*)

利用額に応じてLINEポイントが還元されますし、LINEpayにカード登録しておけば、事前のチャージなしでLINEpayを使うことができるようになっちゃいます( ・`ω・´)

どれくらいお得になるのか

VISA LINEpayクレジットカードは、利用額の2パーセントがLINEポイントで還元されます。

LINEpayやPayPayの請求書支払いでの還元率が0.5パーセント、高還元率と言われる楽天カードの還元率が1パーセントであることを考えると、2パーセントがどれほど高還元率か分かりますよね(*゚∀゚)

しかも、楽天カードでの税金支払いは、2021年6月から還元率が大幅に引き下げられます(;´Д`)

カード利用獲得ポイントの還元率が異なるご利用先
カード利用獲得ポイントの還元率が異なるご利用先に関するご案内です。

還元率1パーセントが0.2パーセントにまで引き下げられてしまうのです(; ・`ω・´)

この点も考えると、還元率を求める方にとっては、VISA LINEpayクレジットカードがかなりおすすめとなります( ˘ω˘)

VISA LINEpayクレジットカードで税金を支払う際の注意点

めちゃくちゃお得なVISA LINEpayクレジットカードなのですが、注意しなければならない点もいくつかあります(;´∀`)
一つずつ説明していきますね(●´ω`●)

①5万円を超えた分については還元されない

VISA LINEpayクレジットカードで税金を支払う場合、1回あたりの支払いにつき5万円を超える分は還元の対象外となります( ・`ω・´)

Visa LINE Payクレジットカードについて(LINEクレカ・ラインクレカ) : LINE Pay 公式ブログ
最終更新日:2021年4月8日(木)今までのスマホ決済をもっとおトクに、スムーズにしませんか?2020年4月23日(木)より、一般申込みが開始した「Visa LINE Payクレジットカード」(※通称:LINEクレカ、ラインクレカ)は、Visaクレジットカードの利便性とLINE Payの特典が

例えば、6万円の税金を支払ったら、5万円については2パーセントのLINEポイントが還元されますが、5万円を超えた分である1万円にはポイントが還元されないということです。

1回に数十万円納税されるような方は、他のクレジットカードを利用したほうがお得かもしれませんね(^_^;)

②手数料がかかる

これはVISA LINEpayクレジットカードに限ったことではないのですが、クレジットカードで税金を支払うと、手数料がかかります。

手数料の金額は地域によって異なります。
東京都だとこんな感じですね↓

都税 クレジットカードお支払サイト

手数料も含めて考えると、納める税金の金額によっては、現金で支払ったり、LINEpay等の請求書支払いで支払ったりしたほうがお得になるケースもあるということです(;´∀`)

支払う前にきちんと計算し、どちらがお得か判断してから支払うことをおすすめします( ・`ω・´)

③領収書が出ない

クレジットカードで税金を支払った場合、領収書が出ません(^_^;)
これはLINEpay、PayPayの請求書支払いで支払った場合も同様です。
クレジットカードで税金を支払った場合、納付金額はカードの明細等で確認することとなります( ˘ω˘)

領収書が欲しい場合は、クレジットカードでの支払いはやめておきましょう(;´∀`)
コンビニや金融機関で納付しましょうね(*´ω`*)

ちなみに、納税証明書がすぐ必要という場合も、クレジットカードで支払ってはいけません(; ・`ω・´)
クレジットカードで支払った場合、納税証明書が発行できるようになるまで2~3週間かかるのだそうです(;´Д`)

見落としがちなポイントですので、ぜひ気を付けて利用してくださいね(´・ω・`)

④都度払い

クレジットカードで税金を支払う場合、支払いは都度払いとなります。

クレジットカード払いといっても、1回カードを登録したら自動的に支払われるというタイプのものではないんですよね(;´∀`)
納付書のバーコードを自分で読み取り、ネットのシステムを通して決済することになります。

そのため、クレジットカードで税金を支払う場合は、納付期限までに、自分で、忘れず手続きをしなければなりません(; ・`ω・´)
払い忘れには本当に気をつけてくださいね(;´Д`)

「ポイントどうこうより、払い忘れそうで怖い」という方は、迷わず口座振替にしましょう( ; ˘ω˘)

おわりに

きょうは、税金をお得に支払う方法として、VISA LINEpayクレジットカードを利用した納付方法についてご紹介しました。
うまく使えばとてもお得に利用できますので、ぜひ、利用を検討してみてくださいね(●´ω`●)

VISA LINEpayクレジットカードの申し込みはこちらから↓

毎日2%還元!Visa LINE Payクレジットカード
毎日2%還元のVisa LINE Payクレジットカードが誕生!初年度年会費無料、特典満載のクレジットカードの詳細とお申し込みはこちらから。

きょうはこれでおしまいです。
また来てくださいね!

更新通知が届きます。
登録はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました