【メカニカルキーボード】仕事部屋に投資してブーストしたので自慢させてくれ③ARCHISS Maestro FL

1人で働く

こんにちは。めいです。
先日から、少しずつ仕事部屋に投資し、仕事環境をブーストし始めました(`・ω・´)

きょうは、新しく買ったキーボードをご紹介しようと思います(*´ω`*)

ARCHISS Maestro FL

今回私が購入したのが、アーキサイトという会社のARCHISS Maestro FLというメカニカルキーボードです。

テープ起こしの仕事を始め、デスクトップパソコンを購入してからは、ずっとメカニカルキーボードを愛用してきました(*´ω`*)

これまではCorsairという会社のこちらのキーボードを使っていて、

コルセア ゲーミングメカニカルキーボード K70 LUX Cherry MX Red -日本語キーボード- ブラック CH-9101020-JP [CH9101020JP]

これもそこそこ気に入っていたのですが、今回、さらなる高みを目指すことにしました(。-`ω-)

というのも、Maestro FL18000円ほどするんですよ(;^ω^)
Corsairちゃんが9000円ぐらいだったので、ほぼ倍のお値段ですね(;’∀’)
でも、お店で実際にうち心地を体験してみたところ、「これは捗る(; ・`д・´)」と直感したので、踏み切っちゃいました(;´∀`)

仕様

まずは、仕様からご紹介していきましょう(●´ω`●)
ゲーミングキーボードほどの機能はないのですが、シンプルながらも使いやすくなるようなつくりで、いい仕事してるんですよ(˘ω˘)

キートップ

キーボードの顔とも言えそうなキートップはこんな感じです。

マットで落ち着いたデザインなので、自宅だけでなくオフィスなどでもなじむのではないかなと思います(*‘ω‘ *)
ゲーミングキーボードのキーは質感がピカピカしていて、何となくひんやりした印象だったのですが、このキーボードはあたたかな感じがあって、個人的に好きです(n*´ω`*n)

ESCキーに隠し切れない個性が出てしまっていますが、

こちら、ちゃんとESCキーなので安心してくださいね(;^ω^)
差し色というやつでしょう(˘ω˘)

コードの取り回しが賢い

ARCHISSさんまじでいい仕事してるわーと思ったのが、コードの取り回しです。

そもそも有線キーボードのコードって、本体側は固定されちゃってることが多いですよね?
Maestro FLは違います(`・ω・´)
コードを本体に抜き差し可能なんですよ(゚∀゚)
箱を開けたら、コードと本体が分離した状態で梱包されていたのでめちゃくちゃびっくりしたのですが、これってめっちゃ画期的ですよねー(●´ω`●)

しかも、差込口も目立たない、かつ邪魔にならないように、本体の裏にあるんです。
ご覧ください↓

分かります(;^ω^)?
裏面の真ん中辺りにこんな感じで差込口が付いてます↓

さらに、この差込口を中心に、3方向に溝が付いているのが分かりますか(゚∀゚)
この溝にコードを添わせれば、キーボード周りがとってもすっきりします(*´ω`*)

どうですか(。-`ω-)?私は左側から出してみました。
シンプルなことなのに、めちゃくちゃ機能的なんです(●´ω`●)
それぞれのパソコン周りの環境に合わせて、コードを出す方向を変えられるのもいいですよね(n*´ω`*n)

USB TypeCに変換できる

もう一つ、「こりゃ賢い」と思ったのが、USB TypeCへの変換器が付属していたことです(゚∀゚)
こんなやつが付いていました↓

これは接続の幅が広がりますよね( *´艸`)
TypeCもだいぶ普及してきましたから、変化に対応できるようにしているのはすごいなと思いました(●´ω`●)

肝心の打ち心地は?

一言で申し上げましょう。

打ち心地は最高です(*´ω`)

Maestro FLでは、スピードシルバー軸という、赤軸よりもさらに軽い軸を採用しています。そのおかげで、より軽いタッチで入力することができるため、より速くタイピングすることが可能なのです。

私は、赤軸を使い始めたときに、「自分のタイピングスピードの限界を超えられた」という感覚を持ちました。
しかし、今回、スピードシルバー軸を入手し、私はもう一段階限界を超えました(゚∀゚)
一皮むけた気分です(`・ω・´)ツルリ
タイピングスピードって、ある程度まで速くなると、あとは道具でブーストしないと上がっていかないんですよね(;’∀’)
「タイピングスピードを限界突破したい」という方には本当におすすめのキーボードです(●´ω`●)

一応、CorsairとMaestro FLそれぞれでタイピングしたところを動画にとってみました(*´ω`*)
よければ見てみてくださいね(*゚∀゚)

こちらがCorsair↓


こちらがMaestro FLです↓

残念なお知らせ

Maestro FLに興味を持ってくださった皆さまに、ここで残念なお知らせです(´・ω・`)(BGM:蛍の光)

現在、Maestro FLは、新型コロナの影響で絶賛欠品中です(^q^)
私が調べた限りでは、ECサイトの在庫は全滅でした(;´Д`)
私は、たまたま行った店舗の系列店に在庫があり、取り寄せてもらえたので買えました(;^ω^)

どうしても欲しいなと思った方は、お近くのPCショップなどを探していただくほうが買える確率が高いかなと思います(;’∀’)

また、Maestro FL以外にもシルバー軸を採用したキーボードはいくつかあるので、ECサイトで「メカニカルキーボード シルバー軸」等と検索していただくのもいいかと思います(˘ω˘)

ちょっと探してみただけでも結構出てきました↓

これとか、色がめちゃめちゃかわいいですね(*´ω`*)
ぜひぜひ、探してみてくださいね(●´ω`●)

おわりに

きょうは、仕事部屋への投資として、ARCHISSのMaestro FLというメカニカルキーボードをご紹介しました。
スピードシルバー軸という強い味方を得て、限界突破タイピストとなったからには、お仕事もがんがんこなして、収入アップを狙っていきたいと思います(`・ω・´)!!
もちろん正確性も忘れず、より速く正確なテープ起こしを心掛けて頑張ります(*´ω`*)
テープ起こしをされている方に限らず、お仕事でタイピングをする機会が多い方は、この機会にキーボードにこだわってみるのもおすすめですよ(゚∀゚)

きょうはこれでおしまいです。
また来てくださいね!

更新通知が届きます。
登録はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました