2021年の手帳を買ったので紹介します【ジブン手帳DAYs mini】

生活

こんにちは。めいです。
きょうは、私が購入した来年の手帳をご紹介しようと思います。

私は例年、永岡書店のBiz GRIDのA5方眼バーチカルを愛用していたのですが、

来年はちょっと浮気することにしました(;´∀`)

2021年の手帳:ジブン手帳DAYs mini

どの手帳に浮気することにしたかというと、ジブン手帳DAYs miniです。

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥3,313 (2021/10/18 09:12:27時点 Amazon調べ-詳細)


これまでジブン手帳シリーズにはウィークリーしかなかったのですが、今年初めて1日1ページタイプが発売されたのです( ・`ω・´)

※追記※
2020年からは大きめのA5スリムサイズも発売されました(*゚∀゚)
たくさん書きたい方はこちらをどうぞ↓

この手帳を選んだ理由

Biz GRIDから乗り換えたのには、いくつか理由があります。

理由①1日1ページ手帳でログをしっかり取りたい

Biz GRIDの方眼バーチカルを推しまくっていた私が、なぜジブン手帳DAYsに乗り換えたかというと、もっと詳しくログを取って振り返りをしっかりしたいと思うようになったからです。

これまでもBiz GRIDを使ってログは取ってきたつもりだったのですが、それでも日々がなんとなく過ぎていってしまうんですよね(; ・`ω・´)
自分の成長をあまり感じられず、平坦な日々がずっと続いていく感覚です(-ω-;)

1人で働いているので、自分の成長すべきところや伸ばせるところにも自分で気付いて、対策していかないといけません( ・`ω・´)
周りにとやかく言われないのはとっても快適ですが、それに甘んじてこのまま何となく日々を過ごすのはやばいかもしれないと思ったのです(;´∀`)

根がズボラなのでそんなにすごいことはできないのですが、せめて昨日の自分や去年の自分よりは良くなれるようにしたいんですよね( ˘ω˘)
そのためにも日々を詳しく記録して振り返りもしやすそうな1日1ページ手帳を選んだというわけです(*゚∀゚)

理由②180度はゆずれない

ただログをしっかり取りたいだけなら、他の1日1ページ手帳でもいいですよね。
しかし、私は絶対にジブン手帳DAYs miniにしようと決めていました。
その理由がこちら↓

180度ぺたんと開くんです(*゚∀゚)
Biz GRIDを使っていたのもこれが理由だったのですが、書きやすさが全然違うんですよね( ˘ω˘)
1日1ページの手帳で180度開くのはジブン手帳DAYs miniだけ( ・`ω・´)!!
ジブン手帳シリーズはお高くて敬遠していたのですが、やっぱりこれだけはゆずれず、ジブン手帳DAYs miniを選びました(;´∀`)

見た目はこんな感じ

ジブン手帳DAYs miniの見た目はこんな感じになっています。

色はイエローにしました。
黄色!!という感じの黄色ではなく、黄色寄りの山吹色という感じで、落ち着いた色味で気に入っています(*´ω`*)
ちなみに、カバーは黄色の紙が入っているだけなので、同じ大きさなら自分の好みのデザインの紙と取り替えられますよ(●´ω`●)

ジブン手帳DAYs miniは2冊に分かれていて、カバーが付いているのがJAN-JUNで前半6カ月分、カバーなしがJUL-DECで後半6カ月分となります。

中身はこんな感じ

ジブン手帳DAYs miniの中身はこんな感じです( ・`ω・´)

付録ページ

まずは付録ページからご紹介します。
最初は年間のカレンダー

前の年と次の年も載ってますね。

こちらは2021年分。年間の予定を見通せて良さそうですね(●´ω`●)
年間カレンダーは前半分にも後半分にもそれぞれ付いています。

続いては今年の目標イベントのページ。

仕事、資格、金融などの項目ごとに今年の目標を立てられるようになっています。
目標の隣には実現するための行動を書く欄もあり、目標達成に役立てられそうです。
イベントは月ごとにプラスして2022年、2023年のイベントも書けるようになっています。
ちなみに、後半分では「今年後半の目標/イベント」となっていて、同じように書くことができるようになっています。
きちんと継続性が考えられているのもいいですね(*゚∀゚)

お次が今年やりたい100のリストのページ。

やりたいことを100個も書けちゃいます(*´ω`*)
「あれやりたいなー」「これやってみたい」って、思い浮かんでもメモなんてしないので、すぐ忘れちゃうんですよね(; ・`ω・´)
ちゃんとリストに書いておくと、ちょっと時間ができたときなんかにすぐ行動できそうでいいですよね(*゚∀゚)

次のページにはこのリストと同じ書式で枠のみのフリーリストが掲載されており、

独自のリストを作成することも可能となっています( ・`ω・´)
後半分にも同じページがありますよ(●´ω`●)

最後に後半分のみのページとして、今年の振り返りのページがあります。

自分自身の月ごとの出来事の他、身近な人や社会の出来事なんかもメモしておけるようになっています。
これ、毎月きちんと記録できたらかなりすごいですよね( ・`ω・´)

スケジュール部分

続いて、肝心のスケジュール部分をご紹介しましょう(*゚∀゚)
まずはマンスリーのページ。

月間のスケジュールだけでなく、ガントチャートも一覧できるのはかなり画期的な配置だと思います( ・`ω・´)

前半分の場合、後半分の6カ月はこんな感じで、2カ月1ページで掲載されていました。

これなら2冊持って歩かなくても何とかなりそうですね(●´ω`●)

お次はいよいよデイリーページ
月初部分には目標などを書いたり、1カ月を振り返ったりするためのページがあります。

目標、やること、やらないことを月初に書いておいて、それ以下を月末に書き込む感じですかね。
埋めるためにはかなりちゃんと日々を記録しておかないといけませんね(;´∀`)
でも、これだけ意識できたら絶対何かが変わる気がする( ・`ω・´)

デイリーページは、24時間の時間軸が真ん中に配置されているので、時間を意識した記入の幅が広がるんじゃないかなと思います。
普通の1日1ページ手帳って、時間軸はあまり充実していなかったり、片側に追いやられてたりしますよね(;´∀`)
日記的な用途を充実させたい方にとってはそのほうがいいのかもしれませんが、私のように日々の記録を取りたい人にとっては、こういうレイアウトのほうが好都合かもしれません( ˘ω˘)

あと、上のほうの横軸に日付と曜日が並んでいるのも秀逸ですね。
週や月のどの辺りに今自分がいるのか、しっかり意識できそうです( ・`ω・´)

全体的な印象:付録が少なくて使いこなせそう

今までのジブン手帳と比べると、付録ページは少なめかなと思います。
これが逆にいいんじゃないかと私は思っています( ・`ω・´)

私はこれまでのジブン手帳だと付録ページは全然使いこなせませんでした(; ・`ω・´)
見た映画リストとか、読んだ本リストとかならまだいけるんですが、約束したことリストとか、人と全然会わない私には使いようがなかったんですよね(-ω-;)

その点、ジブン手帳DAYs miniはリストも少なめだし、書くべきことも分かりやすくて、私でも使いこなせそうだと思えました(●´ω`●)
従来のジブン手帳を持て余していた人にはDAYs miniのほうが向いているかもしれません(*゚∀゚)

おわりに

きょうは、私が2021年の手帳として選んだジブン手帳DAYs miniをご紹介しました。
品薄なのか値段がえらいことになっているのでどうしようかと思ったのですが、一応紹介しておきました(;´ω`)
2021年はこの手帳を活用してさらにレベルアップしたいと思います( ・`ω・´)

1点だけ強調しておきたいのが、私は決してBiz GRIDのことが嫌いになったわけではありません(; ・`ω・´)
今も変わらず愛しています(; ・`ω・´)!
この気持ちにうそはありません(; ・`ω・´)!!

もし「1日1ページも書くことないわ」「ウィークリーバーチカルで使いやすい手帳が欲しい」と思っている方がいたら、ぜひともBiz GRIDA5方眼バーチカルを手にとっていただきたいと思っています(●´ω`●)


Biz GRIDの魅力については旧ブログで書いていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください(*゚∀゚)

こちらの記事で紹介している他、使い方併せて使うと便利な文房具なんかも紹介していますので、旧ブログで「Biz GRID」と検索してみてください(●´ω`●)
Biz GRIDのこともぜひ、ごひいきに(*´ω`*)

きょうはこれでおしまいです。
また来てくださいね!

更新通知が届きます。
登録はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました